2010年02月25日

インフルワクチン一本化か=WHO推奨受け−厚労省(時事通信)

 世界保健機関(WHO)が18日、来シーズンのインフルエンザワクチンに今回の新型インフルエンザの株を組み入れるよう推奨したことで、日本でも新型と従来の季節性を混合したワクチンが製造される可能性が高まった。
 季節性ワクチンは新型と同じAH1N1型のソ連型、AH3N2型の香港型、B型の3種類が混合されているが、来シーズンはソ連型の代わりに新型が用いられる見通しだ。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
休校や学級閉鎖、3週連続減少=ほとんどが新型インフル
インフル脳症、285人届け出=例年の5〜8倍
HIV感染・発症者、7年ぶり減少=検査低調、新型インフル影響か

国母の東海大ひっそり「みなで応援したかった」(読売新聞)
護送中、被疑者自宅に立ち寄り…警官2人処分(読売新聞)
五輪フィギュア 高橋銅メダル、最高視聴率27%に(毎日新聞)
参政権掲載は6教科書 センター試験 つくる会が疑問点 (産経新聞)
「出産一時金」猶予期間の延長検討…厚労相(読売新聞)
posted by シオバラ ヨシノブ at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。